ママの友達は蜜の味 内緒の童貞教育 PLAY MOVIE

ママの友達は蜜の味 内緒の童貞教育 PLAY MOVIE


○ブランド名: #WORLD PG ANIME

○品番:aman_0309

○配信開始日: 2019/06/28

○原画: #吉澤友章

○シナリオ: #岡下誠

○ゲームジャンル: #プレイムービー(WMV形式)

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #アニメーションシリーズ #人妻 #巨乳 #ショタ #デモ・体験版あり


アダルトゲーム(エロゲー)をより簡単に。様々なデバイスに対応したプレイムービー!!

『今日から少しの間、取材で帰りが遅くなります。夕御飯はいりません。お隣の宮森さんには、しばらくの間、お茶会に出られなくなったことを伝えておいてください』

「しょうがないなぁ……そうだ。鈴乃さんに知らせなくっちゃ……」

「でも、人数が少なくなると、お茶会をしてもつまらないわ……そうだ。薫くんもお茶会に来ない?」

「いえ、でも……」

「遠慮しなくていいのよ。ひとりでお留守番じゃつまらないでしょ」

「確かに、ママがいないのは寂しいですけれど……」

「手作りのお菓子も用意してあるから」

「わ、わかりました。でしたら、お邪魔します」

こうして僕は、お隣の部屋を訪ねることとなった。

「いつもならえっちな話に乗ってくるのに。もしかして、薫くんがいるから恥ずかしがっているの?」

マンションに住む人妻たちが、午後のお茶会でこんなにも危険な会話を交わしていたなんて、初めて知った。

「薫くんだって、こういう話、いやじゃないでしょ」

鈴乃さんは僕に話を振ってくる。

「え、あ……いや、その……」

「薫くんだってお年頃なんだから、そういうことに興味があるんでしょ」

「あ、もしかしたら、おつき合いをしている女の子とそういうことをしちゃっているの? ママに内緒で」

「つ、つき合ったりする女の子なんて……いませんっ」

「ふーん。女の子とつき合ったことないんだ。じゃあ、色々と未経験なんだ」

いつになく悪戯っぽい笑みを浮かべた鈴乃さんが、さり気なく僕に身を寄せてくる。

「み、未経験って……何が、ですか……?」

「もう。わかっているくせに。人妻の口からそんなことを言わせたいの?」

僕の腕に、鈴乃さんのやわらかな腕が押し当てられた。
腕と腕との触れ合いだけで、僕の心臓は急激に脈動を速める。

「えっちなこと、したことないんでしょ……?」

金縛りにあったかのように硬直している僕。
その耳元が、人妻の妖しい問いかけにくすぐられた。


ママの友達は蜜の味  内緒の童貞教育  PLAY MOVIE パッケージ写真購入はこちらから


ママの友達は蜜の味 内緒の童貞教育 PLAY MOVIE 2ママの友達は蜜の味 内緒の童貞教育 PLAY MOVIE 3ママの友達は蜜の味 内緒の童貞教育 PLAY MOVIE 4ママの友達は蜜の味 内緒の童貞教育 PLAY MOVIE 5ママの友達は蜜の味 内緒の童貞教育 PLAY MOVIE 6