少女洗脳 可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで PLAY MOVIE

少女洗脳 可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで PLAY MOVIE


○ブランド名: #WORLD PG ANIME

○品番:aman_0296

○配信開始日: 2019/05/10

○原画: #ホルモン恋次郎

○シナリオ: #岡下誠

○ゲームジャンル: #プレイムービー(WMV形式)

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #アニメーションシリーズ #巨乳 #監禁 #デモ・体験版あり


アダルトゲーム(エロゲー)をより簡単に。様々なデバイスに対応したプレイムービー!!

「はぁ……はぁ……。や、やってしまった……」

ここは、とある廃工場。
その一画に作った監禁部屋で、僕は荒い息を吐いていた。
血走った目で見つめる先にいるのは一人の少女。
彼女は、脚を大きく広げるような姿勢で拘束されている。
興奮に鼻息を荒げながら僕はゆっくりと身をかがめ、彼女の股間を凝視した。
脚を広げられているために、スカートはまくれ上がっている。
まだ下着は穿いているものの──。
逆に言えば、たった一枚の下着しか穿いていない。
純白の下着は、清純で潔癖な彼女にふさわしい。
股布が二重になっている部分には、楕円形の盛り上がりが浮き彫りになっていた。
女性器の形があからさまになっているのだ。
白い股布に浮き出た盛り上がりを間近で目の当たりにして、僕の股間はぎちぎちに強ばっている。
ズボンの前が張り裂けそうだ。
女性器を直に見るのではなく、下着の喰い込みを通してその形状を鑑賞するのもまた乙なものだ。
縦に刻まれた筋を見るにつけ、僕のものはびくびくと脈動している。

「匂いは……どうかな……?」

魅惑の縦筋に鼻先をめり込ませて、思い切り深呼吸した。
女性らしい甘い匂いと、かすかな尿臭とが入り混じって、極上の香りとなっている。
男の本能に訴えかけてくる臭気だ。
ズボンの中で窮屈がっている男性器は、先走りの粘液を吐き出している。

「もうたまらないよ。あれが暴れちゃって暴れちゃって……」

下腹部の底に何度も鼻先をこすりつけても、少女は何の反応も示さなかった。
それもそのはず。
眠らされているからだ。

「うぇふふふふ……。これで百合ちゃんは僕のものだ……」

芸術の域にまで達している美脚を撫でまわしていると、自然に顔がほころぶ。
勃起した男根は欲望の粘液を分泌している。
抜けるように白い柔肌をこうして手のひらで味わうことができるなど、つい先日までは考えもしなかった。

(これも、全てはあのサイトのおかげだ……)

数日前にあのサイトを見つけたのは、天の啓示だったのだろうか。
それとも悪魔の仕組んだ罠だったのだろうか。
いずれにしろ、あのサイトに出会うまでの僕は──。
百合ちゃんの監禁を実行するなど、想像すらしていなかった。


少女洗脳  可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで  PLAY MOVIE パッケージ写真購入はこちらから


少女洗脳 可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで PLAY MOVIE 2少女洗脳 可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで PLAY MOVIE 3少女洗脳 可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで PLAY MOVIE 4少女洗脳 可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで PLAY MOVIE 5少女洗脳 可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで PLAY MOVIE 6