エヴォリミット

エヴォリミット


○ブランド名: #propeller

○品番:will_0117

○配信開始日: 2015/02/20

○原画: #中央東口

○シナリオ: #東出祐一郎

○ゲームジャンル: #超人的少年少女学園都市バトルADV

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #巨乳 #恋愛 #デモ・体験版あり #DL版独占販売 #ファンタジー #学園もの #近未来 #ウィルプラス50%OFFセール


「お目覚めですか?おはようございます」

――という少女「鷹星 カズナ」の言葉と共に目覚めた
「不知火義一」と「一条雫」は、自身のことについて名前以外の何も口に出すことができない自分に気付く。

【記憶喪失】だった。

カズナは戸惑う二人を優しく包み込み、落ち着いたら自分たちが居るこの都市を案内しようと申し出る。
自分の記憶を取り戻す決意を固めた義一は、その提案を受け入れるが、見たこともない、理解できない風景に驚愕する。

空を飛んで学校へと向かう少女と、それを追うように校舎の壁を通り抜けていく少年……
街に自動車は走っておらず、代わりに自動車並みの速度で人々が走っていた。

さらに驚いたのは、それを当然のように受け入れているカズナだった。

「【パッチ】――わたしたちは、これをそう呼んでいます」

腕に埋め込まれた宝石を見せながら少女は説明する。
この【パッチ】を体に取り込むことにより、爆発的な進化を遂げ、身体能力の強化と固有の能力を得ることになった。
人類は、新たな水準の生活を営んでいた。

「この都市は、フォーサイスといいます。学生が主体となって運営している学園都市です」

カズナは、記憶を取り戻すまではこの学園に「転校生」という形で暮らしていくことを提案し、
義一もそれを受け入れ、フォーサイスという学園都市で生活することになる。

徐々にこの土地での生活に慣れていく義一だったが、同時に「自分が知る日常」といくつか違うところがあると気付き始める。

地形、歴史、人名、風景……あらゆる点で自分の認識と違いがあるこの都市の疑問。

それは何故なのか?カズナに聞いてみると――ここは、地球ではなく「火星」だったのだ。
さらに、彼女は衝撃の事実を語る。「あなたは百年前、火星の開拓が始まった頃の人間なのです」と。

さすがに衝撃を受けたものの、すっかり様変わりした火星での生活に徐々に順応し始めるが、
火星に潜んでいたもう一つの存在――人類に【災厄】を与える恐るべき者たちもまた動き始める。

人類への災害を存在理由とする怪物たち。
暴走するロボット軍団に人間兵器。
そして人類ですらない惑星の化身たち――彼らとの死闘と繋がりを通して、主人公は【限界進化(エヴォリミット)】を超越する!


エヴォリミット パッケージ写真購入はこちらから


エヴォリミット 2エヴォリミット 3エヴォリミット 4エヴォリミット 5エヴォリミット 6


0