せがれの新妻

せがれの新妻


○ブランド名: #モノグラム

○品番:torp_0019

○配信開始日: 2013/04/19

○原画: #チャイニー・スゥ

○シナリオ: #岡下誠

○ゲームジャンル: #ADV

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #処女 #人妻 #辱め #寝取り #DL版独占販売 #家庭


私がただひとり愛した妻は、半年前に交通事故で他界した。
悲しみに暮れた私は、家にこもりきりとなった。
そんな私を嘲笑うかのように、息子とこの新妻とは結婚したのだ。
そればかりではなく、私との同居を申し出て、夫婦円満な様を見せつけてくる始末。

「仲むつまじい姿を自慢したいのか?それとも、哀れなひとり身を陰で笑っているのか?息子も、静羽さんも、あてつけのように私の前で睦みおってからにっ」

「静羽さん、全ては君が悪いんだよ」

まだ睡眠薬の影響が抜けきっていないのであろう。
初々しい二十歳の人妻は、いまだに朦朧としている。
何度かまばたきをした後、ようやく違和感を覚えたらしい。

「えっ……?ええっ……?お、お義父さま……?どうして……こんなところに……?」

ここは息子夫婦ための寝室で、私がベッドの上にいる道理などない。
だが息子の嫁は、もっと大きな異常に気づいたようだ。

「どうして裸……えっ……?きゃあっ?」

のしかかっている義父が素っ裸であること。
自らの脚が大きく広げられていること。
下穿きの股布に浮き出た盛り上がりへ、醜悪なものが押し当てられていること。
そのどれもが、人妻の貞操を脅かす事態だ。

「どうしてもこうしてもないっ。全ては君たち夫婦の悪行が原因だ」

「や、やめてくださいっ。お義父さまっ、正気に戻ってくださいっ。あなたっ!あなたぁぁっ!助けてっ。お義父さまがっ、お義父さまがぁっ」

「愚か者めっ。息子は来ぬわっ」

せせら笑いつつ、いきり立つ男根を初々しい女肉穴に打ち込んでゆく。
妙に窮屈なその肉穴を掘り進むと、行く手を阻むものにぶつかった。

(まさか……)

私は、相好が崩れるのを禁じ得ない。
根本まで深々と打ち込んだ肉杭も、喜びにのたうち跳ねていた。
いっぱいに押し広げられた女肉穴は、痛みにひくつきながら血の涙を流している。
初潮の時に流すのが第一の血涙なら、処女喪失の時に流すのが第二の血涙だ。
女の生涯で一度しか流すことのない血涙を、私のもので流させてやったのだ。
五十年もの人生で経験したことがないほど高ぶりを覚えた。

「ああぁ……あなた……。許してください……あなたに捧げるはずの処女を……お義父さまに奪われてしまいました……」

「ふふふ……。そうか。処女なのか」

「いや、『だった』というべきか……」

息子の嫁の初めてを奪ったということで、私は激しい興奮に見舞われていた。

「我が息子ながら、嫁の処女も奪えぬ軟弱者とは。嘆かわしい限りだ。いやいや、すまなかったね、静羽さん。軟弱な息子に代わって、父であるこの私が静羽さんを女にしてあげよう」

処女血にまみれた男根で、清らかな姫肉穴をえぐり上げてやった。


せがれの新妻 パッケージ写真購入はこちらから


せがれの新妻 2せがれの新妻 3せがれの新妻 4せがれの新妻 5せがれの新妻 6