美人女教師は、俺に逆らえない 眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲

美人女教師は、俺に逆らえない 眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲


○ブランド名: #アパタイト

○品番:aman_0044

○配信開始日: 2013/04/19

○原画: #椎咲雛樹

○シナリオ: #平眼カレイ(平目カレイ)

○ゲームジャンル: #ADV

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #女教師 #巨乳 #メガネっ娘 #デモ・体験版あり


「ここはテストに出す予定です。しっかりと復習しておくように。それと――」

板書を一段落させた女教師が振り返る。
ムスッとした口元と、キラリと光る鋭い眼鏡。
絵に描いたようなお堅い教諭――青戸玲子(あおとれいこ)先生だ。
授業内容をテキトーに聞き流しながら、暇潰し代わりにその姿をぼんやりと眺める。

相変わらず『わざとだろ?』と聞きたくなるようなファッションセンスだが、お堅いのはその外見だけじゃない。

その真面目な――いや真面目すぎる性格は、生徒達からは疎まれ恐れられている。
その容姿も相俟って陰では‘恐怖のザマス’もしくは単純に‘ザマス’と呼ばれていた。
そんな彼女の授業中、クラスメイトとエロ本を回し読みしていて、運悪く見つかってしまう。

「先崎くん。お昼休みに生活指導室まで来なさい」

ついに昼休みになってしまった。
これまでにも何度か呼び出された経験があるが、ザマスの説教はしつこくて長いのだ。
ああ……生活指導室に行きたくない。

「ああ、やっぱり嫌になってきた……」

廊下を進むにつれて、段々と歩みが重くなる。

「で、でもまあ……もうすぐ昼休みも終わりだし、きっと大丈夫だよな」

ザマスの性格から予想するに、授業に遅刻させてまで説教を続けるような事はしないだろう。
サッ!と謝って、ササッ!とエロ本を回収して、チャイムが鳴ったらサササッ!と退室してしまえばいいんだ。
脱出までの手順を何度も脳内で繰り返しながら廊下を歩く。
そうこうしている内に、校舎2階の奥――生活指導室の前に着いた。

「サッと、ササッと、サササッと……」

よし大丈夫だ。俺ならやれるさ。
現実逃避したがる思考に活を入れ、深呼吸を1つ。
ノックをしようと手を上げて――。

「まったく……ん、んっ……最近の生徒は、こんなものばかり……んん、んうっ……」

――そのまま動きを止めた。

「……話し声?」

少しだけ開いているドア――その向こうからザマスの声が聞こえてきている。
もしかして、俺以外にも呼び出された奴がいるのか?
もしそうだとしたら、このタイミングで中に入るのは気まずいかもしれない。
よし、覗いてみよう。

「ちょっとだけ失礼して……」

様子を窺おうと、ドアの隙間から中を覗き込む。
そして、その光景に驚愕した。

「――――っ!?」

上げそうになった声を何とか堪える。
こ、これって、まさか……オナってる?
顔を逸らしているが、レンズの奥の瞳はエロ本をしっかりと捉えているのが雰囲気でわかった。

「ん、んっ……授業中にこんなものを読むなんて、学校に何をしに来てるのかしら……ん、んふっ……ん、んん」

ザマスは片手を股間に伸ばしている。
細くて白い指が、まるで別の生き物のように蠢いていた。


美人女教師は、俺に逆らえない 眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲 パッケージ写真購入はこちらから


美人女教師は、俺に逆らえない 眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲 2美人女教師は、俺に逆らえない 眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲 3美人女教師は、俺に逆らえない 眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲 4美人女教師は、俺に逆らえない 眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲 5美人女教師は、俺に逆らえない 眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲 6


0