贄女将 爆乳女将はみんなの玩具

贄女将 爆乳女将はみんなの玩具


○ブランド名: #モノグラム

○品番:torp_0012

○配信開始日: 2012/11/22

○原画: #チャイニー・スゥ

○シナリオ: #平眼カレイ(平目カレイ)

○ゲームジャンル: #ADV

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #巨乳 #女将・女主人 #羞恥 #和服・浴衣 #デモ・体験版あり #DL版独占販売 #館モノ


「静かだな」

清掃の行き届いた部屋に、虫の鳴き声だけが響いてくる。
観光地でもないような寂れた片田舎。
そんな山奥にひっそりと建つ温泉宿に、俺はやってきていた。

そう、ここに来た目的は楽しい温泉旅行などではない。
――仕事でやってきたのだ。

裏金融。法外な利子を条件に、担保もいらず調査もなく、誰であろうとも金を貸すのが、俺たちの仕事だ。
とは言っても別に金を貸しにきたわけじゃない。
ここには、借金の取り立てにやってきたのだ。

借主は、ここの主人だった男。
先月末に過労で死んだばかりの――女将の旦那だった。

「女将、これを見てみろ」

懐から、借用書を取りだし、女将に見せつける。

「わかっただろう、お前の旦那は俺たちから金を借りてるんだよ」
「それでは、主人が倒れたのは、まさかこれを返すためにっ……」
「その通りだろうな」

その言葉に、女将の表情が悲しみに歪んでいく。

「あの人はいつもそうっ……どうしてっ……どうして大事なことだけは、言ってくれないのっ……」
「それでな、女将。この金、返してほしいんだがな」
「そんなっ……これほどの大金をすぐに用意するなんて無理ですっ……」
「だったら、この旅館を売りにださせてもらうだけだ」
「なっ……ここは、主人とともに歩んできた大切な旅館でございますっ……そのようなこと、絶対に許しませんっ」

「くくくっ、そうだろうと思ったよ」

まぁ実際、こんな旅館を売りにだしたところで買い手がつくとは思えない。
ここで女将が反発してくるのは予定通りだった。

「そこでな、いい方法があるんだが」

借用書をしまい、女将の背後に回る。
拘束されて動けない女将の腰――その着物を捲りあげた。


贄女将  爆乳女将はみんなの玩具  パッケージ写真購入はこちらから


贄女将 爆乳女将はみんなの玩具 2贄女将 爆乳女将はみんなの玩具 3贄女将 爆乳女将はみんなの玩具 4贄女将 爆乳女将はみんなの玩具 5贄女将 爆乳女将はみんなの玩具 6