JKとエロリーマン2 姪っ子JKをもう一人ラブホに連れ込んで、さらにヤリたい放題

JKとエロリーマン2 姪っ子JKをもう一人ラブホに連れ込んで、さらにヤリたい放題


○ブランド名: #ブルゲLIGHT

○品番:ggs_0687

○配信開始日: 2012/05/11

○原画: #鋼丸

○シナリオ: #橋野次郎

○ゲームジャンル: #女子校生ガチエロ淫行ノベル

○ボイス: あり

○シリーズ: #JKとエロリーマン

○ジャンル: #女子校生 #恋愛 #近親相姦 #デモ・体験版あり


お話は前作『JKとエロリーマン』の続きです。
姪っ子の美冬とのラブホデートが続いているある日、美冬と別れた後、愛菜が待ち伏せていました。
開口一番「美冬お姉ちゃんを返して!」
「えっと……お前さんは誰だっけ?」
「叔父さんの妹の莉子は私のママ。その娘が私、愛菜です」
「あ、あぁぁぁぁ、愛菜かぁ、ひさしぶりだな」
主人公とその妹の莉子は性格が合わず、疎遠になっていました。
なので、愛菜の事もちっちゃい頃しか知りません。
「で、その愛菜がなんでこんな所にいるんだ?」
「最近、美冬お姉ちゃんがちっとも連絡くれなくって、どうしたのかなって思っていたら、叔父さんと、ラ、ラブホテルからっ!」
勝ち気だけど純情そうな愛菜が、顔を真っ赤にして口ごもる。
「あちゃー、見られちゃったかぁ」
「あそこって……男の人と女の人がその……せ、せっ、くうぅぅ」
「そうそう、セックスする所だ。美冬と俺もそういう関係でな。さっきも休憩タイムだっていうのに5発決めてきたところだ」
「くうぅぅぅ 」
次々出てくる俺の衝撃発言に愛菜は、目をまわしてしまう。
「おいおい、しっかりしろって」

……

喫茶店に入る二人。飲み物を飲んでようやく落ち着く愛菜。
「そうか……愛菜は美冬と交流があったんだな」
「やさしくて、綺麗で、私の憧れだった美冬お姉ちゃんと連絡が取り辛くなって、原因を探ったら俺だったって訳だ」
「叔父さんと美冬お姉ちゃんのやってる事ってキンシンソーカンって事ですよね」
「ま、まぁ、そういう事なのかな」
「そんなの良くないと思います。これ以上美冬お姉ちゃんにつきまとわないで下さい」
「つきまとうなって言われても、連絡とってくるのは美冬の方だしなぁ」
「どうしてこんなオヤジがいいんだろ、美冬お姉ちゃんは男を見る目がなさすぎだよ!」
「おいおい、本人を目の前にしてそれはないだろ」
「だって……」

そんなこんながあって、美冬にも愛菜に二人の関係が知られてしまったということを伝えました。
美冬も愛菜を説得しますが、どうしても聞き入れない愛菜。
ほとほと困った美冬が、最後の手段を思いつきます。
「うん、わかった。それじゃこれから3人でホテルに行きましょう!」


JKとエロリーマン2 姪っ子JKをもう一人ラブホに連れ込んで、さらにヤリたい放題  パッケージ写真購入はこちらから


JKとエロリーマン2 姪っ子JKをもう一人ラブホに連れ込んで、さらにヤリたい放題 2JKとエロリーマン2 姪っ子JKをもう一人ラブホに連れ込んで、さらにヤリたい放題 3JKとエロリーマン2 姪っ子JKをもう一人ラブホに連れ込んで、さらにヤリたい放題 4JKとエロリーマン2 姪っ子JKをもう一人ラブホに連れ込んで、さらにヤリたい放題 5JKとエロリーマン2 姪っ子JKをもう一人ラブホに連れ込んで、さらにヤリたい放題 6