ときたまふぁんたずむ

ときたまふぁんたずむ


○ブランド名: #あてゅ・わぁくす

○品番:actress_0023

○配信開始日: 2012/05/02

○原画: #あまかわあきと

○シナリオ: #玉城琴也

○ゲームジャンル: #学園エロコメオカルトAVG

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #女教師 #女子校生 #幼なじみ #ラブコメ #デモ・体験版あり #学園もの


「あたしのこと……調べてほしいの!」

世の中には信じられないことがたくさんある。
霊が存在しているなんてことも、その内のひとつだろう。
だけど、人間の想像を上回る出来事なんてのは、いつでも存在する。
空から女の子か降ってくるなんて、2次元の中でもなきゃ
ありえないような話だろ?
しかも、俺の打球で打ち落とした、だなんてさ。
笑い話を通り越して、くだらないにも程がある――。

俺は真田平助。
私立豪徳学園に通う一介の学生。
だが、その実態は除霊師だ!
ただし、女性霊限定。

……なんで、女性霊限定かって?

聞いたことないか?
男の股間の除霊棒から出る液体(オブラートに包んだ比喩)には、
霊を鎮める力があるって。

つまりはそういうことだ。皆まで言わせるな。

俺のつぼみのような霊力を開花させてくれたのは、
こっちの世界じゃ稀代の除霊師と知られる芹先生だった。

除霊方法が除霊方法なだけに、開花方法も開花方法。

芹先生にハジメテを奪われ、その後も除霊修行という
そりゃもう辛くも厳しい修行(意訳:SEX三昧)に明け暮れた毎日。
そして、時はちょっとばかり流れて、夏休み最終日の出来事。
それは偶然というにはあまりにも酷い仕打ちだった。

「いったーーーいっ!キミはなんでそんなとこにいるのよ !?」

俺の打球に打ち落とされたのは……女の子?
しかも、彼女は幽霊?
いきなり押し倒されるわ、股間をまさぐられるわ。
偶然が織り成すどんなに忘れようとしたって忘れなさそうな、
衝撃的な出会い・オブ・ニューセンチュリー。

しかし、皮肉なこともあったもので。

俺の打球が当たった彼女は、ショックで今までの記憶をなくして
しまっていた。

だが、落ち込むことなく、彼女はにんまり笑って俺に言う。

「記憶のなくなった責任は、あたしにボールをぶち当ててくれた張本人にとってもらおうかな ♪」

こんな感じに、俺と記憶喪失の幽霊少女との、
ちょっとオカしい日常は幕を開けるのでありました。


ときたまふぁんたずむ パッケージ写真購入はこちらから


ときたまふぁんたずむ 2ときたまふぁんたずむ 3ときたまふぁんたずむ 4ときたまふぁんたずむ 5ときたまふぁんたずむ 6


0