はっぴぃふぁくとりー

はっぴぃふぁくとりー


○ブランド名: #Grand cru

○品番:awc_0007

○配信開始日: 2011/07/29

○原画: #猫生いづる #いずみ由羅

○シナリオ: #阿田宰土 #カルロス

○ゲームジャンル: #みんなでしあわせの形をつくる青春恋愛AVG

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #姉・妹 #恋愛 #デモ・体験版あり #学園もの


毎日をただ平凡に過ごしていた「神野崎悠」は、都内でも有名な学園に通っている。
この学園は就職難や教育の遅れなどの問題を一括で解決するために、試験的に学園から就職までがエスカレーター式になっている。
悠も例外ではなく、この学園に通っているのは安定した生活と親から離れて自立するためだった。

今日もいつもどおりに学園に通っていた。
悠は陸上部に所属していたが、怪我によって自粛中の状態にあり、帰宅しようとしていた。
すると校内に放送が流れ、悠を含め6名の学生が理事長まで呼び出される。
呼ばれることに身に覚えの無い悠は頭に疑問符を浮かべながら、理事長室に向かった。

理事長室に到着すると、理事長の「蒼里大二郎」が立っていた。
「君たちはいま部活動をしていないだろ?」との理事長の言葉に疑問符が浮かぶ他の5人とは違い、
悠にしてみれば今の陸上部は自粛中なので、抗議をしようとするも……
「私が作った部活に入って、青春を過ごしたくないか?そうだろ?そうに決まっている」
有無を言わさず続ける大二郎。
「この学園は優秀ではあるが、何かが足りない……それを君達に作ってもらいたいのだ」
少しの間をためて、大声で解き放つ。
「幸せだぁーーーーーっ」
理事長室が凍った瞬間だった。

突然のことに戸惑う彼らは、幸せを作る部活として「ハッピーファクトリークラブ」(通称HFC)と呼ばれるダサい名前の部活に理事長に強引に入部させられたのだった。
ひとまず帰宅した悠は納得がいかず、翌日抗議しに行くことに。
早速理事長のもとへ向かう悠。
陸上部の事情を理事長に話し、抜けさせてもらおうとするが、ある条件を出されたことにより悠は入部を決意する。

それはこの部活動を成功させ、学園を明るく幸せにできた場合、卒業後でも通える最高の職場に就職させてくれるということだった。
自立したい彼にとっては魅力的な条件なため、甘い誘いに乗ってしまい入部する。
いち早く理事長を満足させ、陸上部に戻ってあとは卒業を待つだけにしたい彼はさっそく放課後部室に向かうと、そこには顧問にさせられた悠の担任でもある「赤坂莉美」がいた。
いつものように半べそをかきながら、悠にメンバーを連れてくるように頼み込んでくる。
初日から挫けそうになる悠だったが、そんな日常に変わっても今日も負けずに走り続けるのだった。


はっぴぃふぁくとりー パッケージ写真購入はこちらから


はっぴぃふぁくとりー 2はっぴぃふぁくとりー 3はっぴぃふぁくとりー 4はっぴぃふぁくとりー 5はっぴぃふぁくとりー 6