魔物娘たちとの楽園 スライム&スキュラ

魔物娘たちとの楽園 スライム&スキュラ


○ブランド名: #Vanadis

○品番:kaku_0047

○配信開始日: 2010/11/05

○原画: #蚊野人 #ぶぶづけ

○シナリオ: #影花 #亮精類

○ゲームジャンル: #異種婚姻譚AVG

○ボイス: あり

○シリーズ: #魔物娘たちとの楽園

○ジャンル: #巨乳 #3P・4P #デモ・体験版あり #ファンタジー


人間と魔物が互いに手を取り合い生きるようになって早10年。
未だ根強い反発はあるものの、世の中はようやく得た安息に感謝し、人間と魔物は
平和に暮らしていた。

「ふ、良い……やはり海は良い……」「へい船長!」

そんな平和な時代に大変似つかわしくない船が一隻、ゆっくりのんびりと海を進んでいた。
船首に足をかけ海を眺めている青年こそ、海の彼方にある宝物目指して時代遅れ感漂う
海賊業に身を費やす主人公、アヴェス・ノース・デーンその人である。
などと悦に浸っていたアヴェスは、雲行きが怪しくなってきたことを察知する。
これは嵐になる……準備をしないと折角自分を慕ってついてきてくれた子分どもを
失うかも知れない……そう思い、急いで船倉へと足を向ける。
しかし、ああ……なんという運命のイタズラか……アヴェスは足を滑らせ海へと真っ逆さま!

「せ、せんちょーー!!」「ぶわっ、おまえら助けろっ!」
「無理です。あっしら誰一人泳げるヤツいねぇんでさぁ!」
「なっ、なにぃぃぃっっ!!?」
「大丈夫!船長なら生き残れるはずでさぁ!」
「おまえらっ……帰ったら覚えておけよぉぉぉぉっっ!!」

波に流され飲み込まれ……薄情な子分を恨みつつ、アヴェスは意識を失った。

目が覚めると、そこは見慣れぬ砂浜だった。そして自分の顔を覗き込む少女2名。
その姿を見て魔物だと知るが、助けてくれたことに対して礼をしながら、紳士の嗜みとして少女たちを口説き始める。

しかし、アヴェスの口説きなど意に介さず、その格好を見て目を輝かせるスライム娘ライム。

「その姿は紛れもなく、あたしが憧れている海賊そのもの!人間!いいえ、お頭っ!
あたしを立派な海の女にしてちょうだい!」「はい?」

そんなライムを見て表情こそ変わらないもの、疲れ切った溜息をもらすスキュラ娘ラキス。

「はぁ……お嬢様がそう仰るなら、わたしもお仕えすることになるのでしょうね……
まぁ、バカっぽいですし異論はありません」「いや、ちょっと……?」

あれよあれよという間に決定していく事柄に、頭の処理が追いつかないアヴェス。
しかし、流れ着いた場所が『辿り着いたものは、世界で最も大切となる宝物を手に入れる』と言い伝えがある伝説の島だと知ると、急速に頭が回転していく。

「ふっ、ふふっ……その宝物、手に入れさえすれば、くくくくっ……!」
「お、お頭……?どったの、急に笑い出して……壊れちゃった?」
「ご主人様……可哀想に、わたしたちの話を聞いたショックで、大事なところが壊れてしまったのでしょう……」

俄然やる気になるアヴェスに、パチクリするライムとラキス。
理由はどうあれ、三人の生活はこうして唐突に始まったのだった……はてさてどうなることやら……


魔物娘たちとの楽園 スライム&スキュラ  パッケージ写真購入はこちらから


魔物娘たちとの楽園 スライム&スキュラ 2魔物娘たちとの楽園 スライム&スキュラ 3魔物娘たちとの楽園 スライム&スキュラ 4魔物娘たちとの楽園 スライム&スキュラ 5魔物娘たちとの楽園 スライム&スキュラ 6


0