ボクん家の家性婦さん Windows10対応版

ボクん家の家性婦さん Windows10対応版


○ブランド名: #TRYSET

○品番:russ_0059

○配信開始日: 2010/08/13

○原画: #ちゃあ

○シナリオ: #木全伸二

○ゲームジャンル: #一日中桃色生活AVG

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #幼なじみ #巨乳 #年上 #3P・4P #デモ・体験版あり


主人公、井ノ原純はサラリーマンの父と二人暮らし。
毎日、平凡な日々を過ごしていた。
そんなある日、父が長期の出張で家を留守にすることになった。
純は幼少の頃から、父と分担して家事なども行っていたので、
それ程困ることはないと思ったが……

父の出張当日。

その日も、いつもと変わらず学校から帰ってきた純。
すると見知らぬ女性が玄関の前に立っていたのだ。
……誰だろう。
「あ、あのぉ 」
純が声を掛けようとすると……
純に気づいた女性がクルリと振り返る。
……そして。
「純君ね、わたし家政婦紹介所から来た藤崎奈緒美。今日からヨロシクね♪」

「か、家政婦さん……!?」

家政婦さんが来るなんて、父からは聞かされていない。

混乱気味のまま、取りあえず家政婦と名乗る女性と一緒に家に入った。

するとテーブルの上に一枚のメモ紙が置かれていた。

’一人じゃ寂しいと思ったから家政婦を雇った。いっぱい甘えさせてもらえ’

たった一行の父からの手紙には、そう書いてあった。

しかし、家政婦さんに何をお願いすればいいのだろう……
当然ながら純には初めての経験だ。
食事の用意?洗濯?
そんなことを考えていると、ふんわり甘い香りがした。

「ふぅ ん、なるほど。純君を甘えさせてあげればいいのね。」
「うわっ!」

気がつくと奈緒美が手紙を覗き込んでいる。

「勝手に見ないでくださいよぉ」

慌ててメモを後ろ手に隠す純。

……と、その時。

ピンポーン

チャイムが鳴った。

純が玄関に向かうと、そこにはまた知らない女性が立っていた。
しかも二人。
彼女たちも、家政婦としてこの家にやって来たというのだ。
一気に3人もの女性が、僕の家の家政婦さんに……しかも住み込みで。
父が間違えて雇ったのか……それとも意図的なのかは定かではない。
しかし一つだけ間違いないことがあった。
それは3人ともすごく美人だということ。


ボクん家の家性婦さん Windows10対応版 パッケージ写真購入はこちらから


ボクん家の家性婦さん Windows10対応版 2ボクん家の家性婦さん Windows10対応版 3ボクん家の家性婦さん Windows10対応版 4ボクん家の家性婦さん Windows10対応版 5ボクん家の家性婦さん Windows10対応版 6