Ran→Sem 白濁デルモ妻のミイラ捕り

Ran→Sem 白濁デルモ妻のミイラ捕り


○ブランド名: #Guilty

○品番:will_0078

○配信開始日: 2010/07/30

○原画: #相川亜利砂

○シナリオ: #北都凛

○ゲームジャンル: #ぐるみ潜行AVG

○ボイス: あり

○シリーズ: #

○ジャンル: #人妻 #巨乳 #辱め #3P・4P #姉妹 #デモ・体験版あり


「お姉ちゃん、自己啓発セミナーって行ったことある?」
「杏奈、セミナーに行く気なの?」
「……うん、ダメ?かな?」
「そうね。そんなところ、私は反対」

そんな会話を交わした数日後、杏奈が行方不明になってしまう。
警察に相談するが、事件性はないということで、まともに取り合ってくれない。
莉子は自分の手で血の繋がった大事な妹を取り戻すことに決め、セミナーの支部に何度か足を運んだが、インターホンで追い返されてしまい、いまだに妹の行方はわからない。

支部の入った雑居ビルの前で途方に暮れていると、見知らぬ女性に声をかけられた。
結婚の約束をした彼女の恋人も、セミナーに入会して戻ってこないのだという。
莉子は尚美の誘いに乗り、セミナーに潜入して妹を助けることを決意する。

その後、ルポライターである尚美が独自に調査を進めた結果を報告してくれた。
妹の杏奈が「性欲抑制クラス」というクラスにいるということ。また、会員にはそれぞれランクが与えられていて低ランクの人間は高ランクの会員に会う事ができないこと。

なにか目的がないとセミナーに入会できないらしいので、2人は「性欲が強すぎるのを治したい」という理由で入会をすることにする。面接の結果、莉子と尚美は性欲抑制クラスに潜入することに成功する。

セミナーでは講習を受ける前にアロマオイルを嗅がされるのが決まりだった。
そのアロマオイルには催淫剤の効果があることがわかっていたが莉子は催●の類には非常にかかりにくい体質だった。そのため、アロマの効果にかかった振りをして講習を受けることに。

セミナーの講習は恥辱に満ちたものだったが、妹に会うために必死に我慢して受けていく。
バレないように過ごしつつ、いつしか莉子は内なる自分とも闘っていた。

(もしかして……これが本当の私?元トップモデルの私が?
違うっ、違うわ!私はこんな恥ずかしい女じゃない。
これはきっと、催●のせいよ)

莉子は愛する妹の元まで無事に辿り着けるのだろうか?
それとも彼女は、本当の自分を見つけてしまうのだろうか?


Ran→Sem  白濁デルモ妻のミイラ捕り  パッケージ写真購入はこちらから


Ran→Sem 白濁デルモ妻のミイラ捕り 2Ran→Sem 白濁デルモ妻のミイラ捕り 3Ran→Sem 白濁デルモ妻のミイラ捕り 4Ran→Sem 白濁デルモ妻のミイラ捕り 5Ran→Sem 白濁デルモ妻のミイラ捕り 6


0